· 

フランス、黄色いベストの女性インタビュー書き起こし

「パリ中心部で治安当局と市民が衝突 いったいフランスは何処へ向かうのか?(18/12/08)」のタイトルでPalmeさんが公開したYoutube動画。

フランス・パリ17区ワグラム通り。

55秒目あたりから女性二人へのインタビューがはじまります。媚びない強い瞳。

内容がとてもよかったので以下、主要部分を画像にして文字おこししました。

(「政府は燃料税引き上げの中断を発表したけど、デモは続けるのですか?」の問いに対して。)

 

「それだけじゃないわ」

「そんなの全部だわ」

「私たちは奴隷なのよ」

「ご飯が食べられなくて亡くなってる人もいるのよ」

「政府はどうでも良いと思って黙らせたいだけ」

「そんなの普通じゃない」


「燃料税、ガソリン税引き上げの話だけじゃないの

理由はいっぱいあるのよ」

「だからみんなここにいる」

 

 

 

 


(「あなたたちは具体的に何を望んでいるの?マクロン大統領の辞任?」という問いに対して。)

 

「それが最優先よ、あと政府の解散」

 

 

 

 

 


「買収された連中に政権をとらせないことよ」


「そういう連中は優れてること、強いこと、裕福であることしか考えてなくて」


「結局、苦しんでる人々の事なんてどうでもよくて」


「環境問題、健康、安全っていう嘘の公約を言ってる」「どこに安全があるのよ!」

「そんなのどこにもないわ」

「だから、みんな怒っているのよ」


「国民が決定権をもつのが大事なの」

「そうじゃないと、買収された人々が権力を握っている」

「だから、世界はどんどん悪くなっている」

「だから、私たちはまず、自分たちの国を立て直そうとしてるの」

 

 


「もしかしたら、私たちが他の国々に影響を及ぼせるかもしれない。権力を取り戻すというね。

「お金が全てなのよ、権力はお金で。いつも同じなのよ」

「だから、私たちはここにいるの。私たちは若いから。」 


「未来の子供たちや、お年寄りのことを考えているの。」

「だから戦っているのよ」